北海道で手すりの取り付け、介護リフォームなら、手すり取り付け専門店Dearハピネスにお任せください!!

トイレに手すりを取り付ける

時間が不定期で、自力での利用頻度も高いトイレ

玄関に次いで利用率の高いトイレ。

介護が必要な方がいる場合、日中はデイケアサービス等の補助が受けられても、夜間の利用時にはご自身で解決しなければならないため、優先して取り付けることをお勧めしています。

また、寝室からトイレへの導線となる手すりは、出来る限り早い段階で取り付けることをお勧めします。

身体に問題がない場合でも、毎日の中で、少し具合の悪いときや、疲れていて立ったり・座ったりがつらいときにも手すりが役立ちます。

時間が不定期で、自力での利用頻度も高いトイレ

トイレに最適な手すり

立ち座りの上下運動になるので、縦てすりがあると大変便利です。

身体に近い位置に取り付けると、立ち上がる際に腕力に頼ることになってしまい、手すりの意味がなくなってしまします。

その為、身体より少し前に取り付け、重心移動を利用して立つ際の支えとして使用することが理想です。

Dearハピネスでは、ご利用者様立会いのもと、取り付け位置の確認を行いますので、最も適した場所への手すり設置を行っております。

また、トイレの場合、取り付け位置に柱がない場合が多いので、補強板をしっかりと付けた上に手すりを取り付けます。

トイレに最適な手すり

トイレへの取り付け時の注意点

トイレへの取り付け時の注意点

トイレ手すりを適切な位置につけようとしたところ、すでについている紙巻器(トイレットペーパーホルダー)が邪魔、ということがよくあります。

その場合、手すりの位置を優先するために紙巻器を一度取り外して、手すりを設定した後につけ直します。

この時に、紙巻器を手すりの上に取り付けると、棒が持ちにくくなったり、紙が取り辛くなったりします。

逆に、手すりの下に取り付ける場合は、自分の膝が邪魔になり紙が取り辛くなったり、紙を交換する際に上にある手すりが邪魔でフタが空き辛くなるといった問題が発生する場合があります。

トイレに手すりを折りつける際は、紙巻器を反対側につけ直すなど、双方の位置関係を考慮したうえで施工する必要があります。

Dearハピネス
代表:高嶋啓太

北国の手すりのことなら何でもお聞きください!気合でお答えします!!

介護保険使用で最大18万円の補助を受けることが出来ます

経験豊富な専任のケアマネージャーが、申請から給付までの面倒な手続きをサポートします!

公的制度を上手に活用し、快適な住まいにしましょう。

取り付け場所

屋外

屋外

玄関

玄関

トイレ

トイレ

浴室

浴室

廊下・階段

廊下・階段

公共施設

公共施設

ページの先頭へ