北海道で手すりの取り付け、介護リフォームなら、手すり取り付け専門店Dearハピネスにお任せください!!

公共施設に手すりを取り付ける

不特定多数の人が利用する手すり

小中学校の階段から、介護施設、病院、公共のトイレなど、取り付け場所は様々です。

不特定多数の方が使用する場所なので、十分な強度と安全性に配慮した施工が大切です。

また、素材には抗菌性、清掃のしやすいものを使用します。

Dearハピネスでは、一般住宅以外にも、地域の小学校や介護施設など、多数の公共施設への手すり取り付け実績があります。

新築物件への取り付けだけではなく、老朽化した手すりの取り換えやメンテナンス等も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

公共施設 不特定多数の人が利用する手すり

全ての人の移動を助ける手すり

公共施設 全ての人の移動を助ける手すり

2006年 高齢者、障がい者の移動などの円滑化促進に関する法律 バリアフリー新法が施行されました。

それによって、公共施設などへの階段や斜面への手すり設置が義務付けられました。

普段健康な方で移動に問題がない場合でも、急な体調不良に見舞われた際に、階段やトイレに手すりがあると助かります。
特に病院や学校には必要なことです。

法律の施行によって、バリアフリー化が急激に進みましたが、実際は、デザインを重視するあまり使いにくかったり、利用者にあった手すりではなかったりすることもあります。

Dearハピネスでは、様々な利用者を想定して、大人・子供がどちらも使える様に上下2段に手すりを設置したり、目の不自由の方に配慮した手すりの端の処理、学校などでは子ども達が手すりで滑って遊ばないような工夫、また、設置場所によっては壁面の凸凹に合わせた形状に加工するなど場所やメインとなり利用者に目線に立って、様々な手すりを使用します。

大型施設、店舗、公共施設などへの施工実績

年間30件以上 介護施設・小中学校などの公共施設や店舗など企業への施工も行っており、評価いただいております。

公共施設・企業への施工実績は下記リンクより、ご確認ください。

» 公共施設・企業 施工実績ページを見る

公共施設 不特定多数の人が利用する手すり

Dearハピネス
代表:高嶋啓太

北国の手すりのことなら何でもお聞きください!気合でお答えします!!

介護保険使用で最大18万円の補助を受けることが出来ます

経験豊富な専任のケアマネージャーが、申請から給付までの面倒な手続きをサポートします!

公的制度を上手に活用し、快適な住まいにしましょう。

取り付け場所

屋外

屋外

玄関

玄関

トイレ

トイレ

浴室

浴室

廊下・階段

廊下・階段

公共施設

公共施設

ページの先頭へ