北海道で手すりの取り付け、介護リフォームなら、手すり取り付け専門店Dearハピネスにお任せください!!

ご自宅で快適に過ごす為の手すり取り付けポイント・豆知識

ご自宅を安全で快適に過ごす為の手すり取り付けポイント

高齢になると体力の低下に伴い、家の中のちょっとした段差・階段や浴室・トイレの動作の負荷など、日常の動作や移動に支障をきたしたり、思わぬ事故をもたらす場合があります。

ちょっとした箇所への手すりの取付などのリフォームで、ご自宅を安全で快適に過ごすことができます。

今回は、特に不便を感じる「廊下」「階段」「トイレ」「浴室」に手すりを取り付ける際のちょっとしたポイントをご紹介いたします。

廊下など横に移動する場所での 手すり取り付けポイント

身体を支え、姿勢の保持や移動の補助に役立ちます。

手すりの取付位置は、床から75cmの高さが標準的になっています。

肘などでもたれかかる様に支える場合もあるため、手すりの形状は楕円や上部が平らになったものを選ぶと良いです。

OK:ちょうど良い高さ

まっすぐに立ち腕をおろした状態で、手すりの中心が手首の付け根の位置になるように設置します。

杖を使用されている方は、杖の高さが目安となります。

標準の位置に取り付けられた手すりでも、下記のNG例のように、利用者の身体にあっていない場合は、主に手すりを使う方の身体に合わせることが大切です。

NG:高すぎる

肘を曲げ、腕を上げる高さにある手すりは、摑まる際につかれやすく、なってしまいます。

また、力が入りにくくなるため、手すりの効果が弱まってしまいます。

NG:低すぎる

ひざを曲げたり、屈んだりしないといけない低い位置にある手すりは、足腰に負担がかかってしまいます。

また、身体のバランスを崩し、転倒につながる場合もあります。

階段への手すり取り付けポイント

廊下の手すり同様、階段の端から75cm(階段中央部分からは80cm)の高さへの取付が標準的です。

取り付けの際は、階段の前後20cm以上 水平な部分を作っておくことで、手すりをしっかりつかんでの移動が可能となります。

また、取り付けの際は両側に取り付けるのが望ましいですが、片方のみの取付の場合は、階段を下りる際に利き手側に手すりが来るように設置します。

握ったり手を滑らせるように使用する為、手すりの形状は円柱または楕円形のものを選ぶと良いです。

OK:ちょうど良い高さ

階段を上る際に、前方に重心がかかる位置

NG:高すぎる

特に階段を上る際に、身体の重心が後方になってしまう可能性があります。

足首の関節が固く柔軟な踏込ができない場合や、背中が丸くなっている場合は、高めの手すりを使うことで転倒の危険もあります。

NG:手すりの端がまっすぐ

手すりの端がまっすぐだと、洋服等が引っかかってしまいます。

壁側などに曲げこんだ形状のものを使用します。

トイレへの手すり取り付けポイント

トイレでは立ったり・座ったりの動作で体が上下に移動します。

立ち・座りの動作を補助する様、座った際、楽に手が届く位置に手すりを設置することで、動作の補助ができます。

OK:しっかり握れる太さの手すり

立ち上がる動作を補助する為、手すりはしっかり握れる太さのものを使用します。

円柱型の2.8~3.2cm程度のものが一般的です。

また、滑りにくい素材のものを選ぶと、より効果的です。

OK:縦の手すりは身体より少し前に取り付ける

座った際、身体より少し前に設置することで、重心移動を利用することができ楽に立ち上がることができます。

NG:トイレットペーパーホルダーとぶつかる

既についているトイレットペーパーホルダーや温水洗浄便座のリモコンなどと手すり取り付け位置がぶつかる または 手すりを使用する際の邪魔になる場合があります。

外さずにあいている位置に設置すると、手すりの効果がなくなってしまいます。

その際は一度、ペーパーホルダーやリモコンをはずし、改めて双方の位置関係を考慮したうえで設置し直します。

NG:トイレットペーパーホルダーを手すりの変わりにする

既に取り付けてあるトイレットペーパーホルダーをつかむなどして、手すりの変わりにしている場合は、早めに手すりの取付をおすすめ致します。

トイレットペーパーホルダーは手すりと違い、掴まる・体重をかけるなどといった負荷を想定して作られていない為、ホルダーの故障の他、思わぬけがの原因となってしまいます。

浴室への手すり取り付けポイント

トイレ同様、立ったり・座ったりの上下移動が多い他、入浴中の血圧や脈拍の増減での急な立ちくらみや、水やせっけんでぬれた床の滑りやすさなどがあります。

急な事態に身体を支える手すりを設置することで、不測の事態を防止します。

取り付けは浴槽に出入りする際の体制を補助する場所の他、洗い場での立ち・座りを補助するもの、浴室内での移動や浴室から脱衣所までの移動を補助するものがあります。ご自宅の浴槽の作りや利用者様の必要に応じて、適切な箇所に取り付けます。

また、浴室は壁などに使用している素材が様々の為、取り付ける際の補強が必要になる場合も多いです。浴室への手すり取り付けは専門の業者にご相談いただく方が安心です。

OK:しっかり握れる太さの手すり

トイレ同様、立ち上がる動作を補助する為、手すりはしっかり握れる太さのものを使用します。

円柱型の2.8~3.2cm程度のものが一般的です。

また、水回りですので、錆びたり腐食しないもので、滑りにくく手触りの良いものを取り付けるようにします。

NG:タオルかけを手すりのかわりに使用する

浴室内のタオルかけは、手すり程の強度がない場合がほとんどで、強い力がかかると外れてしまい転倒やけがにつながってしまいます。

きちんと動作を補助できる位置への手すりの設置や、手すりをタオルかけと兼用で使えるように設置するなど、しっかりとした強度の手すりをご利用ください。

お問い合せはこちら

手すりを取り付ける際は、取り付ける壁の強度も関係しております。
ディアハピネスでは、お伺い可能の際は取り付け箇所の状態などをしっかり確認の上、お見積りさせていただいております。

また、介護保険 補助金を使用した施工をご希望の際は、専任のケアマネージャがご相談内容に応じたアドバイスの他、申請など面倒な手続きもサポートいたします。

手すり取り付けでお困りの際は、下記のメールフォーム または お電話(0166-76-1900)より、お気軽にご相談ください。

手すり取り付けのまでの流れは手すりの取り付けまでの流れページからご確認くいただけます。

お名前
お名前を入力してください。
電話番号
※電話番号を入力してください。
メールアドレス
メールアドレスを入力してください。
お問い合わせ内容

カテゴリー: 手摺取付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Dearハピネス
代表:高嶋啓太

北国の手すりのことなら何でもお聞きください!気合でお答えします!!

介護保険使用で最大18万円の補助を受けることが出来ます

経験豊富な専任のケアマネージャーが、申請から給付までの面倒な手続きをサポートします!

公的制度を上手に活用し、快適な住まいにしましょう。

取り付け場所

屋外

屋外

玄関

玄関

トイレ

トイレ

浴室

浴室

廊下・階段

廊下・階段

公共施設

公共施設

ページの先頭へ